倒産を防ぐ中小企業の作戦とは?その2

cd4783d17d7edba98a163fa429cb6dba_s
Pocket

倒産を防ぐ中小企業の作戦とは?その2

前回の 倒産を防ぐ中小企業の作戦とは?
その2を お送りします。

今週は、実は「反省」しています。
それは、クライアントのスタッフでもない
営業の方に・・・・・
「だから、、あなたは売れないねん」って
言っちゃいました。

本当に売れない営業なんです・・・って
わかったので、ついつい言っちゃいましたが
やっぱりアドバイスなんて無駄だし、
客である私から説教されることも必要
ないので、申し訳ないことをしました。

しかし、本当に彼からは
ほとんどの経営者が勘違いしてる事と
同じ「売れない」考え方を感じました。

多くの経営者が、ここに気がつかずに
実際に倒産にまで追い込まれるのですから。

その「考え方」とは?
・良いサービス、商品を提供すれば
それだけで集客でき、売れる
・良い立地条件で綺麗であれば
それだけで、集客でき、売れる
・値段を安くすれば
それだけで、集客でき、売れる

あなたはどうですか?
似た考え方で言えば・・・・・
・きれいなホームページ作れば
・SNSに多くの記事を書いていれば
・良い従業員さえいれば

これらはぜ~~んぶ勘違いです。

ぜ~~んぶ「自分目線」です。

前回の内容にもあったように私たち
中小企業は大手とは違う戦略で「信頼」を
得て「売り上げアップ」する
「倒産しない」方法を実行していかないと
本当に「売れない」会社になってしまいます。

その方法とは 「お客様と結婚する」
つまりは、「お客様と一生を共にします」という
経営の覚悟(考え方)を持つことです。

冒頭で説教してしまった営業の方は
私が「あなたのビジネス」に興味を示していますよ
・・・という意図を持った見込み客であったはずです。

そこでは、継続的に私が必要とする
「価値ある情報」と「紹介した時の紹介料契約書」を
提案してもらう話をしました。

もちろん、私のハガキサイズの名刺を
渡してすべての個人情報を提供していましたが
この会社(この営業の方)からは、
約29日間 な~~んの連絡もありませんでした。

「来店ありがとう」のサンキューメールもない
「まだ提供できる情報がない」という状況メールも
「契約書が用意できました」という報告メールも

そこで30日目に
「契約書だけでも取に伺いました」と 再訪問したときに、
「契約書は店長がいないので・・」
という彼についつい「だから、あなたは売れへんねん」
と言ってしまった一言でした。

これは営業個人の問題ではありません。 あきらかに経営者=会社が 「お客様と一生を共にします」という マインドセットを持っていないことを意図しています。

もし、あなたが結婚相手を探していて
相手の方から「プロフィール」を持参してきて
付き合ってみたいと思ったなら、とってもマメに
連絡するでしょう?

メール、LINE、電話、FAX・・・
手に入れた連絡方法を駆使して
「もう一度会って、話を進めたい」と
きっとなるでしょう。

なぜなら自分の「信頼」を得ることが
最も結婚というゴールに近づける方法だと
理解しているからです。

しかしながら、これが「ビジネス」となると
途端に「結婚見込み者」への放置プレイが
始まります。

ほっておいてもまた会いに来てくる?
その間に、他の相手からアプローチは来ない?

あなたのサービスや商品は そんなに魅力的なんでしょうか?
ほっておいても勝手に集客できて
勝手に「お金」を払ってくれるのでしょうか?

集客、売り上げがダウンしてきたから
店舗の内装をリニューアル工事をして 着飾るのって、
モテようとしてブランドの服と 眉毛を整えている
「見た目だけ」の奴と 同じ事をしています。

まずやる事は 「信頼」を得る事
その為には 「接触回数」を増やす事
その中で
「価値ある情報」で喜ばす事
そして 「あなたなしでは・・・」と相談してもらう事

いたってシンプルな行動です。
なぜ、面倒だと考えて簡単な方法で
「人」を動かそうとするのですか?

あなたと言う「自分」が、あなたから連絡するという
事でさえ「自分」を動かせないのに・・・・・・

そんな「あなた」が、「人」を動かせるはずがありません。

いまや「結婚相手」に連絡する方法なんてSNSをはじめ
無限にあります。

でも、行動できないのは?
「お客様と一生を共にします」という
そもそものマインドセットがないのです。

・・・と言う事は?
このマインドセットを「身体化」し
自分を動かせることが出来たなら?

そうです。 「売れる人」になれるのです。

「お金は、ありがとうという意味」

追伸
数年前、某サッカークラブのファン係の方と
携わっていた時の事です。

ファンクラブ会員を増やそうと彼は
その時の会員全員に「連絡」をしました。

8000人へ「手書きの手紙」を送りました。

自分を動かせれば、何でも出来ますよね。

山田サトシマーケティング/集客/人財育成/マインドセット/営業/販売/経営

投稿者プロフィール

1969年京都市生まれ。30歳の時に10年間勤めていた広告会社が突然の倒産。
翌年に国内大手損害保険会社の研修制度へ入社。
3ヶ月でクビ寸前になるが起死回生の逆転ワザで2002年に独立開業を果たす。
15年間実践して得た独自メソッドによる売り上げアップのための情報を提供。
キーワード質問営業ノウハウ・顧客リストを活用した集客、リピーター増のノウハウ・倒産予防のリスクマネジメント方法・SNS集客・社会保険料大幅削減スキーム(情報・仕組み)などのセミナー講演も多数開催。
京都サンガFC熱狂的サポーター。サンガ共同企画「子育て勉強会・実践会」プロデュース
開催し参加者はのべ130名を越えた。

この著者の最新の記事

関連記事

集客できる仕組み

集客稼業 山田サトシ

メルマガ配信

~三方良し繁盛プロジェクト~
メルマガ登録↓
名前
メールアドレス
ページ上部へ戻る