法人をザクザク集客-2-

c36b05f2613c010850343fc1e35fef9c_s
Pocket

前回は、法人をザクザク集客できる情報でした。

さて、今回から文章で詳しく

【TMT】営業術を披露していきます。

とっても簡単なのにパワフルなノウハウですので

ぜひ活用してください。

今までの営業やテレアポは、飛び込みをしたり

販売者側の都合でいきなりテレアポをして

自社の商品やサービスを押し付ける「押し売り」営業

ばっかりでした。

集客稼業マーケターの私にも・・・

「御社のHP拝見しました。HPでセミナー集客できる

ように対策をしませんか?」って電話営業してきたりまします。

(失礼ですよね?^^;)

私が仕事中であろうが、自分の都合でお構いなしに訪問・電話を

してきます。

こういった土足で人の家に上がり込むような行為は

「スパム」で、相手の時間を奪う「時間ドロボー」ですよね?

だから、「スパム」行為は嫌われる・怒られる、、

そして、「断られる」のです。

では、最大の心理ブロック「断られる」恐怖を取り除くには

どうすればいいでしょうか?

それは・・・「押し売り」や「スパム」の

真逆の事をすればいいのです。

押し売り ⇒ 売り込まない

スパム  ⇒ 許可をもらう

この「考え方」を装備して営業すれば

よほどのことがない限り「断わられる」事はありません。

これを買ってください ⇒ いらない

スパム営業(自分勝手) ⇒ 怒られる

この流れから解放される具体的な【TMT】営業術

を、現在、私が提供している会員ビジネスを例にしてみます。

まず、こちらから提供するコンテンツ(商品・サービス)の

資料請求チラシを作成しておきます。

そしてTMTのTは、まずテレフォン(電話)ですから

獲得したい業種の法人のリストへ次のように電話します。

私:「三方良し」繁盛プロジェクトという売り上げアップの

企業サポートをしている山田と申します。

売り上げアップや集客マーケティングの

法人客をザクザク集客する方法という小冊子の

請求チラシをEメールに添付して

お送りしていますが・・・

御社では、この資料送った方がいいですか?

それとも、送らない方がいいですか? 」

そうなんです!

こういったトーク内容で資料がいるか・いらないか?だけの

「許可」を質問するだけなのです。

これで「断り」から解放されます。

なぜなら相手からの返事は、資料を「送って下さい」or

「送らないでください」のどちらかなのですから。

え?「それじゃあ、大半はいらないって言いますよ」って?

それでいいじゃないですか?

今まで、いらないって所にむりやり営業するから

断られてきらわれてきたんでしょう?

【TMT】営業術の電話で、いらないってわかれば

こちらの手間も減り、このニーズはないという情報も

もらえて、あなたにデメリットありますか?

まず、あなたのビジネスにあったトークを作ってみて

下さい。

ヒントは、「資料はいらない」と言ってもらえるように

していくことです。

「時間ドロボーは、嫌われる」

山田サトシマーケティング/集客/人財育成/マインドセット/営業/販売/経営

投稿者プロフィール

1969年京都市生まれ。30歳の時に10年間勤めていた広告会社が突然の倒産。
翌年に国内大手損害保険会社の研修制度へ入社。
3ヶ月でクビ寸前になるが起死回生の逆転ワザで2002年に独立開業を果たす。
15年間実践して得た独自メソッドによる売り上げアップのための情報を提供。
キーワード質問営業ノウハウ・顧客リストを活用した集客、リピーター増のノウハウ・倒産予防のリスクマネジメント方法・SNS集客・社会保険料大幅削減スキーム(情報・仕組み)などのセミナー講演も多数開催。
京都サンガFC熱狂的サポーター。サンガ共同企画「子育て勉強会・実践会」プロデュース
開催し参加者はのべ130名を越えた。

この著者の最新の記事

関連記事

集客できる仕組み

集客稼業 山田サトシ

メルマガ配信

~三方良し繁盛プロジェクト~
メルマガ登録↓
名前
メールアドレス
ページ上部へ戻る