【TMT】営業術=法人をザクザク集客

6d911515515e905a7c8bfa5275ba2969_s
Pocket

こんにちは。

集客稼業・マーケターの山田です。

【TMT】営業術をお話ししていきます。

まず初めの「T]の電話では・・・
「資料が必要か、いらないか」を質問するだけ
でした。

これは出来るだけ「必要ない」と言ってもらうため
の電話アポイントだからです。

普通は、話を聞いてもらおうと必死で説明しますが
必要のない相手には、お互いの時間の無駄です。

さらに不快な思いをさせると、次回の電話を
することが難しくなります。

こちらとしても出来るだけすばやく「必要ない」と
言ってもらうほうが、すぐ次に電話できますよね?

次に「資料が必要」と許可をいただいた所へは
担当者のメールアドレスを伺いEメールに資料を
添付して送信します。

もしかすると、ここでFAXと言われるかもしれません
が、コストがかかってもいいのならFAXで
送信するほうが、精読率が上がります。

これでEメールが聞き出せると、リスト化できますから
次回から、メールで情報提供できやすいですね。

そして、資料を送ってすぐに再度電話して
「資料が届きましたか?」だけを確認します。

もし、ここで相手から詳しい説明を求められても
説明してはいけませんよ。

そこから人は「押し売り屋」に変身してしまうからです。

ここは、グッとこらえて「送った資料の下段に
詳しいレポートをご希望される方の記入欄がありますから」
とだけ伝えて、相手がアクションするように
アドバイスするぐらいにとどめておきます。

魚に例えると・・・・
えさにチョンチョンしているぐらいで、竿を
引き上げていては、魚はつれないのと同じです。

もし、詳しい資料を請求されない場合は
必要なかったのですから、さっさと次を当たりましょう。

こうやって相手に極力嫌な思いをさせなければ
数か月後には、別の情報提供もとてもやりやすくなりますから。

あとは、数をやるだけです。
初めのテストぐらいは、あなた自身で試してみても
いいですが、決して経営者であるあなたがやっていては
いけませんよ!

なぜなら、あなたの時間は「経営の仕組み作り」に
集中投下しないと費用が合わないからです。

私もこのビジネスモデルを検討しているときに
自分でやっていては、効率が悪すぎるので
何かいい方法がないかを考えました。

すると、とても面白いアイデアが浮かび
さらに「儲かる」って事に気が付きました。

そう、2つの方法で「儲かる」事を発見しました。

ひとつは、これをすると「助成金」が受給できます。
もうひとつは、通信費が大幅に節約できます。

・・・・・続く

山田サトシ株式会社セコンドレギオンズ 代表取締役・コピーライター

投稿者プロフィール

山田サトシ プロフィール

1969年(昭和44年)生まれ。(50歳)京都市東山区出身

■30歳の時に、10年間勤めていた広告会社が突然倒産

その後、もっとも営業が厳しいと言われる損害保険代理店を

19年間経営、入社直後の研修時代に営業成績4万2千円でいきなり

クビ寸前まで追い込まれてからの、「一言さんお断り」セールス法に

より、快進撃が始まり、3年2か月後に510倍の成績を達成して

独立・祝い金100万円も獲得

■2018年にBtoB 法人顧客の開拓専門に特化した、

集客・販促・求人のFAXDM広告代理店株式会社セコンドレギオンズを設立

■BtoB 法人顧客の開拓専門チーム 

集客・販促・求人=FAXDM広告・ニュースレター作成・小冊子制作 
   

■京都サンガFC熱狂的サポーター。
 
 サンガ共同企画「子育て勉強会・実践会」もプロデュース。
 
 開催し参加者集客は、のべ130名を越える。

この著者の最新の記事

関連記事

集客できる仕組み

集客稼業 山田サトシ

メルマガ配信

~三方良し繁盛プロジェクト~
メルマガ登録↓
名前
メールアドレス
ページ上部へ戻る