「儲かる」ビジネスモデル発見の巻

a3c491311fee50b1a5a9b383d45c6b27_s
Pocket

こんにちは。
集客稼業・マーケターの山田です。

今日は、私が考案した「TMT]営業方法を
実行する際に見つけてしまった2つの「儲かる」
方法を伝えていきます。

「TMT]営業方法

ひとつは、これをすると「助成金」が受給できます。
もうひとつは、通信費が大幅に節約できます。

まずは、助成金です。ご存知だと思いますが・・
主に厚生労働省が、「個人、会社の発展」の為に
従業員の雇用や育成を活性化するように設けています。

すでに積極的に取り入れている会社も多いですが
なかなか個人事業者や中小企業に浸透していない
のが現状です。

なんとか助成金を活用して欲しいので
厚生労働省もパワーを入れて来ています。
私自身も、この仕事を10年以上たったので
ようやく厚生労働省から「熟練技能士」

(認定講師)の認定を受ける

事が出来ましたので、どんどん会社などへ
研修をして、助成金を受給してもらう活動を
している訳です。

(それでもなかなか進みませんがね^^;)

そんな、かずある助成金の中から私が発見したのは
「特定求職者雇用開発助成金」です。

ちゃんと厚生労働省のHPに掲載されていますが
簡単いうと・・・

・ひとり親の家庭の方や障害者の方 で

なかなか職がない方を雇用すると助成金を
出すという事です。

*詳しくはHPを見てくださいね。

厚生労働省のホームページ

私は、個人事業ですがこういった方を
雇用し条件を満たせば、ちゃんと助成金が
受給できます。

電話とPCで出来る「TMT]営業方法であれば

1:就職困難者でも出来る

2:ほぼ在宅で出来る

3:社会貢献できる   のです。

しっかり仕事をしてもらえて、さらに
厚生労働省から「助成金」も貰えます。

実は「儲かる」と表現したのは、助成金で
利益を上げるわけではありません。

「雑収入」ですから事業の発展のために何に
使ってもいいのですが

私のポリシーは「三方よし」ですから・・・・・

まず、雇用する方の「給与」の補助に使ったり
仕事が増えるように「広告・販促・営業活動費」
にして発展拡大していきたいのです。

せっかくの助成金ですから「消費」ではなく
商売が発展していくための「投資」につかって
いって、どんどん仕事が増えれば・・・・・

今後、さらにもう一人雇用することもできるかも
しれませんよね?

このPDCAを繰り返せば、結果的に
本業で「儲かる」事には、なりませんか?
さらにまだまだ申請できる助成金は
いっぱいあるので正々堂々と「儲ける」為に
活用していけばいいのです。

このビジネスモデルは、実はまだまだ先が
あり「そんなん絶対もうかるやん」と

言ってもらえる内容ですが・・・(汗)

あなたにとって「山田サトシ」は、まだだま

胡散臭いおっちゃんですから(笑)
信用してはいけません!
率先垂範で、まず私が実行してみますね。

その実績をちゃんとあなたの目で確かめてから
すべてを提供できるビジネスパックを
お求めくださいね(爆笑)

次回は、2つめの「通信費大幅削減」の巻です。

「見えている世界は、一人づつ違う」

では、次回にお会いしましょう。

山田サトシ株式会社セコンドレギオンズ 代表取締役・コピーライター

投稿者プロフィール

山田サトシ プロフィール

1969年(昭和44年)生まれ。(50歳)京都市東山区出身

■30歳の時に、10年間勤めていた広告会社が突然倒産

その後、もっとも営業が厳しいと言われる損害保険代理店を

19年間経営、入社直後の研修時代に営業成績4万2千円でいきなり

クビ寸前まで追い込まれてからの、「一言さんお断り」セールス法に

より、快進撃が始まり、3年2か月後に510倍の成績を達成して

独立・祝い金100万円も獲得

■2018年にBtoB 法人顧客の開拓専門に特化した、

集客・販促・求人のFAXDM広告代理店株式会社セコンドレギオンズを設立

■BtoB 法人顧客の開拓専門チーム 

集客・販促・求人=FAXDM広告・ニュースレター作成・小冊子制作 
   

■京都サンガFC熱狂的サポーター。
 
 サンガ共同企画「子育て勉強会・実践会」もプロデュース。
 
 開催し参加者集客は、のべ130名を越える。

この著者の最新の記事

集客できる仕組み

集客稼業 山田サトシ

メルマガ配信

~三方良し繁盛プロジェクト~
メルマガ登録↓
名前
メールアドレス
ページ上部へ戻る