法人営業は身銭を切れ!

1820567
Pocket

こんにちは、㈱セコンドレギオンズ、
高確率法人開拓「一見さんお断り」セールス戦略の山田です。

世の中には2つの思考の人がいます。

仕事であれ、プライベートであれ
自分の成長に対して

「身銭を切れる人」と。
「身銭を切れない人」です。

言い換えるなら、

「知識・情報にお金を払える人」と
「知識・情報にお金を払えない人」

あなたは、どちらでしょうか?

どちらが「成長」するか
どちらが「成功」に近づけるか

いまさら、言う必要はないでしょう。

先日も兵庫県から私のところまで
法人開拓のご相談に来られた保険代理店の
経営者は、完全に「身銭を切る人」でした。

実は、この思考は、法人開拓したい営業、セールスに
おいてとても重要なポイントです。

その理由は、商談相手が法人企業
つまり、社長だからです。

社長は、自分の会社の全責任者ですから
「自社が成長する知識、情報にはお金を払う

この思考が、出来ない社長では
経営スピードが遅く、「生き残れない」からです。

一方、法人開拓したい営業、セールスの思考が
「自分の成長に身銭を切れない」のでは
社長の思考・危機感・当事者意識に天地の差があるため

本当に社長に寄り添い、サポートするには
ほど遠い存在になってしまうのです。

この意識の差が
「社長は孤独である」という真意だと
私は考えています。

当事者意識の社長に、被害者意識の営業やセールスが
いくら表面的な理解や共感を示しても
「あざといな」「売りたいだけか」とすぐに見抜けれます。

もし、本当にあなたが法人開拓したい
社長の右腕になってサポーターになる

そして、自らの「成長」の結果
売り上げも上げたいのでしたら
「身銭を切れる人」になるのが近道です。

今の結果に満足していなくても
危機感を持っていても社長が新しい情報を得ないという事は
ゆでガエルのように現状維持になり。いずれ倒産するのです。

だから、経営者は、新しい知識、情報、価値観に貪欲です。

社長が「身銭を切ってまで欲しい」のは?
・自社で儲かるのか?
・自社で実行できるのか?

さらに、この知識、情報を
この営業、セールスが「身銭を切ってまで手に入れた」ものか
それほどに「価値があるのか?」の新しい価値観
=気づきであればあるほど社長に「突き刺さる」のです。

机上の空論やネットで拾えるような無料の情報などは
所詮タダ=無料に価値はありません。

社長も現状維持は、消滅を意味しますが
営業、セールス側も現状維持では、同じく消滅です。

差別化が出来ていない為、社長からも選ばれることは
ありません。
あなたは
「身銭を切れる人ですか?」

それとも・・・・・

社長の右腕になりたいのは、本気ですか?
こちらをクリック↓

【社長紹介提携プロジェクト】.pdf


【対象:保険セールス・保険代理店・FP・税理士・社労士】

山田サトシ株式会社セコンドレギオンズ 代表取締役・コピーライター

投稿者プロフィール

山田サトシ プロフィール

1969年(昭和44年)生まれ。(50歳)京都市東山区出身

■30歳の時に、10年間勤めていた広告会社が突然倒産

その後、もっとも営業が厳しいと言われる損害保険代理店を

19年間経営、入社直後の研修時代に営業成績4万2千円でいきなり

クビ寸前まで追い込まれてからの、「一言さんお断り」セールス法に

より、快進撃が始まり、3年2か月後に510倍の成績を達成して

独立・祝い金100万円も獲得

■2018年にBtoB 法人顧客の開拓専門に特化した、

集客・販促・求人のFAXDM広告代理店株式会社セコンドレギオンズを設立

■BtoB 法人顧客の開拓専門チーム 

集客・販促・求人=FAXDM広告・ニュースレター作成・小冊子制作 
   

■京都サンガFC熱狂的サポーター。
 
 サンガ共同企画「子育て勉強会・実践会」もプロデュース。
 
 開催し参加者集客は、のべ130名を越える。

この著者の最新の記事

関連記事

メルマガ配信

  「一見さんお断り」
   セールス戦略
   メルマガ登録
名前
メールアドレス

キーワード質問営業法(無料レポート)

集客稼業 山田サトシ
ページ上部へ戻る